測量機器はリースかな.

測量機器の使い方についてですが、例えば障害物があって実測がむずかしい個所を三角法を使って求めることがあるという事を知りました。測量の計測は角度はよく道路で見かける望遠鏡のような測量機器を使って測っているそうですが、あれって実際に覗くとどんな風に見えているのでしょうか。
どのように使ってどうやって角度が計測できているのか分かりません。角度を測るときに用いるトランシットに光波測距儀が付いたトータルステーションで角度と距離をはかって測点の座標値を求めるわけです。少しでも高く測量機器を買取してほしい
個人で測量関係の事務所を開こうと思っています。測量機器はリースしようと思っています。リースとローンがあって支払いにおいてどちらが安く済むかなとすごく悩んでいます。この2つの違いは何ですか?例えば3年使うとして、リースの場合、3年後にのりーう終了時には自分のものになるのですか。
どちらがお得になるかは実際のところ、その測量機器の勝手にもよります。3年後以降もその測量機器が事務所にとって大事な存在であれば買ったほうが良いでしょうね。

コメントは受け付けていません。