調剤薬局で勧められるジェネリック

最近クリニックに行った後に処方されるお薬でジェネリックの話を薬剤師さんからされます。元々あまりクリニックにかかるタイプではなかったので事情は分かりませんが、数年ぶりに診察に行って処方で調剤薬局にいったらやたらとジェネリックの良さを強調されました。
調剤薬局としては、ジェネリックを勧めたほうが収入が増えるのでしょうか、それともお客さんにとってお薬代が安く済むから善意で勧めてくれているのでしょうか。そこまで勧められると薬局の儲け度が高いからなのかなとか思っちゃいますが。知人の薬剤師にお酒の席で話を聞いた分では、先発品の方が儲けがすくないようです。お酒の席なので適当に答えているかもしれませんが。ジェネリックのほうが1人当たりの利益が大きくて加算もつくそうです。ジェネリックは先発品と有効成分が同じであるお薬なので効果も同じはずなのですが、治療効果には微妙な差があることもあるとか聞いたことがありますが本当でしょうかね。おすすめは新宿西口にある調剤薬局です

コメントは受け付けていません。